医薬マーケティング研修 - 株式会社マーケティングインサイツ

医薬マーケティングの株式会社マーケティングインサイツ

会社概要お問い合わせTEL03-6215-8245 FAX03-6215-8700

医薬マーケティング研修

製薬企業のマーケティング責任者のかたへ

ブランドプラン作りのお手伝い

  • それぞれの製品担当プロマネ(マーケター)が自己流で作ったブランドプランがそのまま
    社内を流れていませんか?
  • 論理的な一貫性に欠け整合性のとれていないブランドプランでは、シニアマネジメントの理解を
    得ることが難しいばかりか、社内顧客(特に営業部門)も的確に動いてくれません。
  • 販売力だけに依存せず、「自社製品+サービス」という独自の価値を顧客に向けて提案できる
    コミュニケーターがプロダクトマネージャーです。
  • セグメンテーションによって明確なターゲット顧客を切り出し、その顧客の持つニーズや
    インサイトをさぐり出す調査を企画-実施していますか?

製品を超えたマーケティング機能

training img01製品ライフサイクルマネジメントや製品ポートフォリオマネジメント、新製品売り上げ予測など、一般のプロダクトマネージャーの日常業務を超えていて、すぐには手を付けにくい領域のマネジメントは大丈夫ですか?ここで将来を任せられる人材を社内に育てられているでしょうか?

これらの課題に対処するためには、"企業内研修"がお勧めです。

 

 

企業内研修のメリットは?

A. 自社製品を事例に検討できます

研修で出て来たフレームやコンセプトを、自社製品に当てはめて考える時間を研修中に用意いたします。こうすることで、受講者は学んだことを実務へ適用する準備をすでに研修中にすることができます。
また、企業内研修では、担当の製品を越えて、自分の考えを他の受講者と自由に意見交換する時間を確保していますので、協力的なマーケティングのチーム作りにも効果的です。これは公開セミナーなどの外部研修への参加では得られない企業内研修のメリットです。

 

B. 受講者の研修参画の様子を見ることができます

ワークショップ型の研修では講義時間は最小限(3割から5割程度)に設定されており、それ以外の時間は、少人数(2~3人)、あるいはグループ内での討議・発表にあてられます。マネージャーのかたがたは、これらの活動を目の前で見ることができ、受講者のマーケティング理解度、積極性、論理性などを知ることができます。

 

C. 事前課題による個人学習型の知識習得を意図的に活用できます

弊社のワークショップ型研修では、事前課題を受講者に読んできていただき、課題に付随した設問を事前に考えたうえで臨んでいただくスタイルがデフォルト(標準)になっています。これは知識の注入や理解は個人のペースで行っていただき、その成果をもとに、研修中ではもっぱら質疑や、設問への各自の回答の共有を行うことを主軸にしているためです。
こうした方法は一種の反転学習ですが、企業内研修においては、事前課題の内容やボリュームを受講者の状況やレベル、研修時間などに合わせ事前に調整することで、効果的な研修につなげられます。

 

D. 研修日時設定がフレキシブル

企業内研修では、研修時間も1回2.5時間から終日(8~10時間)まで、フレキシブルに設定可能です。忙しいプロダクトマネージャーの日程を鑑みて、平日の18時以降(勤務時間終了後)に設定することや、土曜、日曜などの宿泊型研修への応用もできます。
また社内会議室などで行うことにより、研修会場への移動時間を削減することもできます。

 

製薬企業のマーケティング担当者のかたへ

新任プロダクトマネージャーのために

マーケティングの始めの一歩からをサポートいたします。
BtoBやBtoCの違いから始めて、分かりやすく医薬マーケティングの全体像をお伝えします。弊社の入門的セミナーは、これまで製薬企業マーケターだけでなく、選抜MR、学術担当者、医療機器メーカーサービス部員、広告代理店AE、市場調査会社調査員などの多彩な方に実施してきました。その経験やノウハウを入れて内容をカスタマイズしたプログラムをご提供いたします。

事前課題を使って基礎的な内容の知識を理解いただき、その理解が正しいかどうかを当日のワークのなかで少人数で共有しながら確認するところから研修がスタートします。
よく目にする「数名で模造紙を囲んで1時間ほどかけて課題への回答を作成し、グループ発表する」という形式のワークは行っていません。短時間で少人数の話し合いをタイミング良く頻回に行うのがこのワークショップ型研修の特徴です。

 

 

経験のあるプロダクトマネージャーのために

ランドプラン作成の疑問点を集中的に練習するコースをご提供します。STPの作成方法、KPIの設定方法など、テーマごとに自分の製品に合わせた内容で研修を行うことが可能です。

 

 

将来を担うプロダクトマネージャーの選抜と育成

現任のプロダクトマネージャーに着目することはもちろん重要ですが、将来の新製品や現行の主力製品のマーケティングをになうプロダクトマネージャーの選抜、育成のしくみを社内で整備するまではなかなか手が付けられていないのが多くの製薬企業の現状でしょう。

弊社はこうした声にお応えして、医薬プロダクトマネージャー版のコンピテンシー(標準版)を開発致しました。各社におけるプロダクトマネージャーの役割は異なっておりますので、実際にはインタビューなどを経て、各社の固有のコンピテンシー作成をお手伝い致します。

製薬企業内医薬マーケティング研修の事例

kk001

 

 

プログラム案(1/3)

kk002

 

 

プログラム案(2/3)

kk003

 

 

プログラム案(3/3)

kk004

 

 

 

マーケティング・ワークショップのメニュー

 

kk005

 

 

お問い合わせメールフォームはこちら

 

東京・大阪を中心に製薬企業内医薬マーケティング研修、コンサルティングを行っている株式会社マーケティングインサイツ。
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F TEL: 03-6215-8245 FAX:03-6215-8700 ログイン